2006年01月31日

何がなくても資金管理

相場に関るほどに大切に思うこと、それは資金管理。

株でも先物でもはじめは儲かりそうな銘柄探しに一生懸命ですが、今はそんなことよりまずは資金管理です。

資金管理は健康管理と同じかな。。。いくら忙しいといっても休みもいれずに無理して働いたら疲れが蓄積していって良い仕事が出来なくなったりするでしょ?さらに無理して働いたら病気になったりするでしょ。お酒もほどほどならば薬だけどが呑み過ぎちゃったら体こわすでしょ。

相場もいくら儲かりそうだからって全額投資しちゃったら、もし損が出たときは耐えられますか?先物は証拠金取引ですから追証が掛かりますよ。損を出したら困るなけなしのお金だとしたら、マイナスは精神的にかなりの負担で真っ当な判断能力も失いますよ。

健康もお金もまずは自分の状況を知りどのくらいの負荷なら耐えられるのか知る事が大切ですよね。
体だったら人間ドックで調子を調べてみて悪いところは治療したり、食生活をコントロールしたり、適度な運動、睡眠時間、その範囲内での仕事を心掛けてみたり。。。
お金は、どのくらいのマイナスなら自分は精神的に耐えられるのか考えて、それに応じた建玉枚数のコントロール、損切り幅の設定をしたり。。。。

健康状態もお金に対する価値観も人それぞれ。
だから健康管理も資金管理も人によって方法が変わってきます。
自分に適した管理方法を早くから知る事が
健康で長生きし、相場で儲け続けることに繋がりますよね〜♪

参考リンクです→資金管理をしましょうpart1

posted by ちせ at 08:58| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 先物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

相場師と社会貢献

相場で生活していると言うと、あまり良いことを言われないことが多い。
相場業をはじめたのはいいけれど周りの反応の悪さにほんとに自分はこれを仕事としていていいのかと悩んだ時期もありました。
でもね、今は相場師にプライドを持ってます。
特に私はサヤ取り屋ですから相場の歪を修正する方向に仕掛けます。これを社会貢献と言わずしてなんと言うでしょう!^^
良くも悪くも資本主義で生きているからには市場に参加するだけで意義があると今は思えます。
悪く言うのは簡単に儲けているように思うからでしょうか・・・・?
儲けるためにはそれだけのリスクを背負って覚悟して、努力も勉強も必要なんですよね〜^^
posted by ちせ at 13:59| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 先物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライブドアと東証

ホリエモンが今までの常識にとらわれず活躍する様は、行き過ぎに思えるところがあっても、良い刺激になっていて、アウトローの成功を応援していただけに、今回の事件が本当にライブドアに非があるのであれば残念だな。。
それにしても東証はシステムの問題をまた露呈しましたね。

先物の私は直接的な影響は受けてないと思いますが、東証で商いが出来ない分、先物に資金が流入したりはしてるんだろうなぁ〜。
そうそう、株を担保に先物は売買も出来るんだった!!ライブドア株を担保にしていたら先物口座はショートだわ(>_<)そんな人が多かったら先物も目先大きな価格変動となりますね!

いずれにせよ、私は淡々と売買をこなすのみ。
株は一夜にして紙切れですか。。。ガソリンは0円にはならないぞ。
posted by ちせ at 10:57| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 先物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

時間割

5:00 起床 コーヒーを入れながら 飲みながら
          めざましテレビを見ながら ボ〜っとする
7:00 外電確認 昨日の大引値を場帖に書き入れる
     資金の変動を確認 
     場帖を見たり グラフを見たりしながら 相場日記を書く 
9:00   寄り付きの値段を確認

     空時間   

10:00  値段確認 売買が必要なら準備をする
11:00  前引け 確認

   昼休み

12:30  後場寄り 確認
   
       空時間

15:00  値段確認 売買が必要なら準備をする
15:30  大引け 確認
    
       相場仕事はここで終了。

相場頭を働かせるのは朝の2時間だけです。。。
市場が始まってから色々考えるとその時の値動きに踊らされてしまうので
昼間は決めたことを淡々とこなすだけです。

posted by ちせ at 11:03| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

儲かってるの?

儲かってますヨ(^^)v
今のところ。でもそれは明日の数字を保証するものではありませんけど・・・

2004年7月に開業してからの資金の増減をグラフにしてみました。
2004年7月の資金を100として、パーセンテージで表示してあります。

無題1.JPG
posted by ちせ at 09:20| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

先物取引ってなあに?

現物取引は契約の締結(特に価格決定)と、契約内容の履行(特に商品の受け渡しと代金の支払い)が、ほぼ同時期に行われる売買取引。

それに対して

先物取引とは ある特定の商品を、一定数量、予め定められた価格で、将来の一定期日に、受け渡す契約、内容の取引のこと。またその期間内に転売・買戻しをすることで差金決済を行うことも出来ます。

差金決済=商品の受け渡しを行わず反対売買をすることでその差額を決済すること。

**********************************************

先物市場の歴史

先物市場は日本で始まったとされています。
江戸時代の徳川吉宗の時代に、大阪堂島に正米市場(現物取引市場)とともに、幕府に公認された帳合米(ちょうあいまい)市場が世界初の公設先物市場とされています。
当時、米の値段は天候による豊作、不作が激しく乱高下していました。
そこで商人たちは取引所を使ってヘッジ(保険つなぎ)を行いました。
商人たちは在庫の米を将来の値下がりから守るために、帳合米市場で空売りをします。
これで米の値段が下がったとしても、空売りした値段より安く買い戻すことになるので帳合米市場の利益でカバーできます。
また空売りした値段より上がってしまったとしても、帳合米市場では損失がでますが、在庫の米の値段も上がっているため問題ないのです。

この取引の仕組みが現在、農産物、畜産物、貴金属、工業原料などなどに利用されています。

参考: 東京工業品取引所 「サヤ取り入門」羽根英樹パンローリング
posted by ちせ at 14:38| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物取引を知らない方のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銘柄選び

Q:おすすめ株はなんですか?
A:なんでもお好きなものをwwww


何でも良いといっても株は東証1部だけでも1600社ほど上場しているのですから何を売買したら良いかはとても悩むところだと思います。
私は先物専門で株式は保有していませんが、銘柄選択の基本は先物と変わらないと思ってます。
そこで選ぶポイントを紹介しますね。

1.自分の売買したい時間軸を決める。

デイトレ?スイング?長期保有?

2.1で決めた時間軸で値動きのある銘柄を選ぶ。

デイトレをしたいのに一日のうちに値動きのない銘柄では売買しても利益になりませんね。

3・自分が興味の持てる企業

たとえば、お酒が好きなら好きなお酒を製造販売している企業とか、健康に関心が高いのであれば健康関連商品、サプリメントなどを販売製造する企業とか。
企業そのものに関心が高い方が色々な情報をキャッチする事が出来ると思います。

4・出来高

出来高があまりに少ないと値段がいきなりとてつもない方向に動くことも有り得ますねぇ〜

先物は上場銘柄が少ないですし、4の出来高を考えると一般投資家が扱える銘柄はほんとに限られてきます。もっとも、先物は先物自体の市場が小さいので出来高が一番多い方といえるオイル銘柄でさえファンドの影響を大いに受けているようなので資金管理が重要ですね。

上記を踏まえていくつか銘柄を選択できたらまずは観察してみる事が大切です。
値動きがあるものであれば必ずチャンスはありますから、その銘柄固有の波をつかみましょう。日替わりで上がる銘柄探しをしていると乗れる波にも乗り遅れちゃいますよ。
posted by ちせ at 10:15| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | よくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の売買手法

私の現在の売買は
オイルサヤ取り 主にクラックスプレッド
仕掛けは逆張り難平(ナンピン)
となってます。 



posted by ちせ at 10:06| 長野 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 売買手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サヤ取り−ローリスク・ハイリターンな売買法

サヤ取りは行き過ぎた相場の価格のねじれはあるべき姿に収まる習性を利用した両建を必要とした売買。片張りよりリスクが少ないとされています。

片張りとは買い、または売りのみなので相場の上げ下げが直接損益となり
サヤ取りは2つ(またはそれ以上)の価格の差を取る売買なので両建て(売り買い同数)となり、相場の上げ下げに直接影響受ず値段差が損益となります。

サヤ取りを知るために
「サヤ取り入門」パンローリング 羽根英樹著 
「両はずしサヤ取り教程」林投資研究所 林輝太郎著 をどうぞ。


posted by ちせ at 09:58| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

商品先物取引所の機能

*****************************************

公正な価格形成  

厳格なルールに基づいて多種多様な市場参加者が取引を行うことにより、透明で公正な価格が形成されます。

*****************************************

プライスリスクヘッジ(保険) 

商品の価格は需給の他、政治、経済、為替、気象などの要因で大きく価格が変動しています。
この予測困難な価格変動は、生産、販売、流通などに携わる企業にとって、さまざまな影響を与えています。
したがって、これらの企業では、価格変動リスクの回避は重要な課題となっています。 
このリスクをマネジメントする手段の一つが商品先物取引です。

*****************************************

資産運用の場の提供  

商品先物取引は、総約定代金の5〜10%程度の証拠金を預託することで、一般の投資家も取引に参加することができます。
また、市場参加者は納会日までに反対売買を行うことで、現物の授受を行わずに差金による決済によって取引を終了することもできます。
このため、商品先物取引では現物を取り扱わない一般の投資家も自由に参加する事が出来、資産運用手段の一つとして広く活用されています。

posted by ちせ at 14:46| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物取引を知らない方のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。